靴デザイナークリスイルブット絵本読み176「赤い底の靴」

国際的に有名になるとして「仙履デザイナー」で、クリス·魯ブット(ChristianLouboutin)は2011年10月4日に発売する本集自伝、アルバム、回想録に図書《Christian Louboutin」ルブタン 靴 メンズ の、これもこの靴デザイナーの最初の本。有名な映画人ジョン・马尔科维奇(ジョンMalkovich)『Christian Louboutin』の序文の中で「アーティストが最も貴重と吸引ところは、彼を創造革新に熱愛を想像が大好き、好きにも、もちろん詳細。これらの特徴はChristian Louboutinのデザインの中に至るところにある。」

「Christian Louboutin》全書5章、それぞれ「A Life」、「ザShoes」、「Fetish」、「ザPlaces」と「Twenty Years」に詳しく説明したクリス。·魯ブット(Christian Louboutin)に芸術性と劇のすばらしい設計効果。このほか、未公開収録デザイナーのプライベート写真。また、本にはまだ集録したDavid Lynchとフィリップ・Garcia執刀を撮影した写真やエリックReinhardt文章記録の探索デザイナーの創作のインスピレーションの深くインタビュー。合格するために、写真展示クリス提・魯ブット(Christian Louboutin)の作品で、彼は特別招待フィリップ・Garciaと好きなモデルの協力を含む彼の姉妹Farida、Dita von Teese、KristinScottトーマス、まさみから、歌手、フランス演员ArielleDombasle ArielleDombasleとウェールズラグビー选手ガトーマスなどの有名人。

PS .なら記念クリス·魯ブットルブタン靴 (Christian Louboutin)ブランド誕生20週年、デザイナーを打ち出したシリーズ収蔵版ハイヒール、「赤い底靴控」たちが引き続きお話がもたらした報道だろう!

フランストップ靴ブランドChristian Louboutin今年の秋冬のすばらしい設計に絶賛され、特に運動靴に勉強のデザインが所定の位置について、甚だしきに至ってはまぶしい形容で、このAlfie Flatの靴は豪華な絶美のモデルとして、「きらびやか」のメッシュ素材の中に象眼に輝いた止まらないカ  クリスチャンルブタン通販  ラー亮珠、まるで黄金戦衣のような衝撃と圧倒的なデザインはChristian Louboutin執刀設計才能完璧を作成するには、フランスの経典の配色と亮金色の対比色組み合わせも相が絶賛のアイデアの時、幻のデザインを創造した運動靴の新しい制作の高さは、また項のChristianLouboutin慎重に作成する贅沢の力作。

クリスで赤い底靴特許花誰の家

フランス別の有名ファッションブランドイヴ・サンローラン(YSL)はまた自分のショーウインドーにも並んで自分の赤い底の靴。これで、Louboutin気にならない、「不正競争」と「商標権侵害の名将として法廷。!ルブタン 靴 メンズ クリスなら・魯ブット特有の赤い底の靴や女性のやさしい、美しさと言いふらすのない大人セクシーされ、女性に人気で、赤い底この特徴は潜在意識の中では本当にそれの専属。ただ色結局はただ1種の装飾、出すアイデア、これを特徴として、消費者を識別する。しかし、それはずっと特許のになることができません。まるで毛主席のあざはあごが、意味が別のあごあざは盗用著作権、銃殺。なる現象が続く長くなってから、それが当たり前になり、それを真剣にの時、それがミスを。

「結局ない赤い底」正式の登録商標で、ただ1つの特色、法的保護がない、原告はきっと道断清、裁判官の言い方は公式、実はおそらく:みんなに知っているあなたの靴底はずっと赤い、赤いのを見てもあなたを思い付くことができて、ルブタン靴 しかしこのスタイル用が経てば、きっとあなたの?君一人しかないのであるブラジル?かつてブランドCarmenSteffens剛パリ開店子、すぐに非難されただけでは、それを使って赤いソール。と言わざるを得ないで、クリス・魯ブット元首相のこの特色は確かに人気があって、しかしそれの表現はあまりない、あまり横暴理不尽。でも最近のニュースはEUの内部市場統一署は最近承認をLouboutin赤い底ハイヒール「登録商標」、ちょっとお笑いにも聞こえるが、ことは一段落しましょう。

フランスデザイナークリスなら・魯ブット(Christian Louboutin)デザインの靴「優雅」無数の足、今この赤い靴底有名なブランドは、ファッション界のライバルイヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)を提訴した、相手を求める発売中止と使用できる赤い靴底の製品。「赤い外底はすでにクリス提・魯ブット(ChristianLouboutin)のマークは、訴訟で同時に」と話し、2008年クリス提・魯ブット(Christian Louboutin)はもうアメリカ登録した赤い外底の設計。

彼は自分のYSL崇高な敬意を表し、今回の訴訟は、実はも完全には、YSLではなく、この事を訴えるという法廷は、他のブランドと乗ずるすきがあることによって、クリスチャンルブタン通販 盗作を開けLouboutin赤い底靴の扉。Louboutin」と強調しても彼のブランドは第一個の樹立で色表示でブランドから、赤い底のその他のブランドのロゴと同じように重要な意義を持って、消費者が明確に認識されて。

Christian Louboutin世界小売業務開拓

Christian Louboutinクリス提・魯ブットは拡大するグローバル小売業務で今月、ロンドンとロサン ルブタン 靴 メンズ ゼルスそれぞれ紳士服店を開設する;ブラジルサンパウロとシカゴをそれぞれ開業1つの総合性の店、その小売店は衝2009年の17の急増は今年約65小売業務にも貢献した。ブランドの半分の収入。

Christian Louboutinクリス提・魯ブットCOO、総経理Alexis Mouret「実体店略式により良い機会を展示したシリーズ製品にもブランドの表現の機会。私達のすべてを新しい店だけでなく、お客様を、より多くの顧客に提供するために、既存のサービス。多くの時には、デパートで店の業務は低いなら、市場で上に行く。」

紳士服店に持ってChristian Louboutinクリス·魯ブット元首相にとっては啓示、本来ならChristian Louboutinクリス·魯ブット氏は男装服装の一つとして、友達間の贈り物として見て、しかし見た男も彼らの生活の中で女性のようなショッピングを楽しむ。2010年には入っていないので前Christian小売市場Louboutinクリス·魯ブットでリリースした男性シリーズ。2011年8月Christian Louboutinクリス提・魯ブットでその世界の第1の間パリ開設紳士服店。

「男のために来Christian靴でLouboutinクリス·魯ブット紳士服店を買うために、彼らは1足の靴が伝承息子に、彼らは喜んで、デザイナーChristian Louboutin」、ルブタン靴 「この考えが彼らは完全に女性性と違って靴の見方は現在、類のようにやつで、彼らはまったくゲイ、彼らは女にには買い物が好き。」

でも、Christian Louboutinクリス提・魯ブット本当にしない勇気を紳士服店からファッションショッピング区、彼はパリ、ニューヨーク、ロンドンなどの紳士服店もと女性ファッション区に近い。

ほとんどの女の子は小さいうちに聞いた「シンデレラ」(『Cinderella』)の童話の物語も、愚かな少女時代の幻想を自分となることができる童話の中の「シンデレラ」は、王子を運転してかぼちゃ車を自分に水晶の靴を着て。あなたを想像してみたもし水晶の靴が現実生活の中で現れはどんな様子ですか?先日、トップ履物大師クリス提-魯ブット(Christian Louboutin)は自分の心の中の水晶の靴を描き出す「図面」を展示した真実。

クリス提-魯ブット(Christian Louboutinバージョンと水晶の靴は、透明ガラス水晶制ではなく、レースの甲をしなやか透き通る効果とヒール、全身にスワロフスキー(Swarovski)水晶、「蝶」はこの靴の重要な施設計元素、クリスチャンルブタン通販 寓意シンデレラ繭を破っ蝶に脱皮靴底はクリス提-魯ブット氏(Christian Louboutin)シンボル性の緋。現在、この靴ブランドは明らかにされた情報かどうか信じて、そういう双仙履は多数の女子学生の夢でしょう!